ティプトリーJr『たったひとつの冴えたやり方』 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ティプトリーJr『たったひとつの冴えたやり方』

[ 2007/01/12 ]

スペースオペラの連作中篇集。
三作の中篇が収録されているが、中でもタイトル作は白眉。

SF風味で泣ける話というのはわりとヒットしやすくて一般受けするのだが、ハードSFで泣ける話があっても、あまり世間には浸透しないのが残念。
この作品は本当に素晴らしい傑作。

地球外知的生命体と少女のファーストコンタクトと友情を描いた作品なのだが、少女が下す決断がすがすがしく切ない。
設定にしくまれた悲劇の結末という意味では先読みしやすいのだけれど、ヒロインの性格によって高められる情感のラストがなんとも言えない余韻を与えてくれる。

他の2作も悪くない出来だったけど、タイトル作の後だと印象が薄くなってしまったなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2007/01/12 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。