金原ひとみ「蛇にピアス」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金原ひとみ「蛇にピアス」

[ 2006/12/04 ]

同時期に受賞した綿矢りさと共に史上最年少の芥川賞受賞で話題になった彼女のデビュー作。
綿矢のほうは以前に読んだけれど、彼女の作品は今回が初読。
綿矢の「蹴りたい背中」はめんどくさい鬱屈を抱えた女子高生の話だったけど、この作品は分かりやすい鬱屈を抱えたギャルの話。
題材そのものは金原のほうが衝撃的だったんだけど、文体はこちらのほうがわりと正統的で、すんなり読めた。

どういうものを見てきたか、でこの作品の衝撃度は変わると思うけれど、スプリット・タンや過剰なピアスに過剰な刺青などというモチーフは、わりとネットでそういうグロい画像やグロい動画をいくらでも見たので、こちらの想像力のほうが上を言っていて、ピンとくるものはなかった。
自分に足がついてるのが不思議で切断してしまった人や、双子の弟の腕を兄の腹に移植するような改造マニアの話の前では…。

で、そういう改造というか、いびつな美意識に対するフェチズムのありようであったり、いびつな人達の三角関係は、シンプルすぎて拍子抜けしてしまった感は否めない。
この人は文章力はあるので、もう少し共感しやすい題材を選べば面白いものを書けるとは思うが、この作品に関しては琴線に引っかからなかった。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/12/04 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。