村上春樹『アフターダーク』 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

村上春樹『アフターダーク』

[ 2006/11/10 ]
発表当初、わりと否定的な意見が多かったように記憶している。
ある晩、ある姉妹に起こった心理的契機を、やや特殊な一人称で語った作品。

語り手が登場しないのにも関わらず、「私達は」という語り口で述べられる本文は、どうもプロレスの実況中継を想起してしまって違和感が拭えないのだけれど、「存在の視線化」という現代的なアプローチを彼なりにしてみた結果なのかもしれない。
そんなわけで、今までの長編作品とかなり毛色の違う作品であるのだが、登場人物や小道具などは村上春樹的で、村上春樹的な文章のフォーマットを大きく外れているわけではない。
アプローチは変わっているけれど、相変わらず不鮮明な闇を切り取ろうとする試みも変わっていない。


たとえ文学的なテーマを深化、推進させる力が衰えたとしても、私は彼の文章そのものが好きなので、そこらへんの駄文を書きなぐったような小説を読むよりはずっと楽しめたけれども、やっぱり往年の作品と比較すると、少し残念な気もしてしまったなあ。



アフターダーク (講談社文庫)
村上 春樹
講談社
売り上げランキング: 33,417

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/11/10 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。