東野圭吾「虹を操る少年」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東野圭吾「虹を操る少年」

[ 2006/09/21 ]

薄味のSFだった。
「光」に関して絶大な感性を持つ天才少年が社会現象を引き起こし、陰謀に巻き込まれる話だが、ハードSFではよくある、「次の人類」「次世代の知的生命体」というテーマの作品。
クラーク「幼年期の終わり」、小松左京「継ぐのは誰か?」など、同種の優れた作品には哲学的な領域にまで到達した傑作があるのだが、これはなあ。

この人の作品で一番ヒットしたのは「白夜行」で、それはSFではないし、読んでもいないからなんとも言えないが、「秘密」とか「変身」とかを見ると、どうも既存のSF作品を薄味にしただけにしか見えない。
ストーリーテリングがそれなりにうまく、わかりやすく書いているのが大衆の支持を受けている要因だろうけれど、物足りない。
もっとこちらの想像の上をいく作品を発表してほしいが、そうすると、今の成功はどぶに捨てなきゃならないんだろうなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/09/21 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。