安部公房「第四間氷期」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安部公房「第四間氷期」

[ 2006/08/29 ]

現在の価値観で過去を裁くことの是非がたまに論じられるけれども、この作品は現在の価値観で未来が悲観的なものであるか否かを断じることの是非を問うている。

予言機、という正確な未来をはじき出すことの出来る機械をつくった男が体験する数奇な運命を綴った話であるが、話の転がし方が抜群にうまい。

日常の延長としての未来が大状況の未来と絡んでいく展開は類似の作品がにわかに思い浮かばないほど稀有なもの。
一見、なんの関係もないモチーフが次々と現れ、複雑に絡み合い、グロテスクな未来とリンクしていく様子にぐいぐい引き込まれる。

SF的なテーマ、SF的なモチーフを用いつつ、凡百のSF作品にはないシュールな文体と文学的な方法論によって問題意識を掘り下げている。

最近の作家は個々のエピソードや心理描写の積み重ねで話を作る人が多くて、テーマで読ませる人が少なくなってしまったのだけれど、安部公房は隙間をつくようにして、独自で、しかも普遍性を持ったテーマを提示し、シュールなエピソードの積み重ねで話を作り上げている。
すごい作家だなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/08/29 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。