細田守「時をかける少女」('06) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

細田守「時をかける少女」('06)

[ 2006/08/23 ]
時をかける少女 通常版 [DVD]

今回のアニメ版は設定こそ原作を踏襲しているけれど、完全なオリジナルストーリー。
とはいえ、大林宣彦の前作を知っているとニヤリとさせられるしかけも入っていてなかなか心憎い演出をしている。

ヒロインを含む男女の人間関係や描写が80年代当時と随分違うのにまずは驚かされる。
ラブコメノリがバッチリはまっていて、とても新鮮に感じた。

テーマとストーリーがかみ合った脚本がいい。
なんてさわやかなんだろう。
とてもオーソドックスなフォーマットに乗っかったシナリオなんだけど、緩急の差をうまくつけていて、嫌味にならずに魅せている。
ドロドロした人生の私にはまぶしかった。
それからヒロインの、のび太に匹敵するお調子者ぶりを発揮する演出のセンスが特に光っていた。
素直に笑える。

大林宣彦のバージョンも悪くはないが、原田知世のプロモーションビデオ、という印象もなくはなく、正直、現代的な演出のこちらのほうが、今となっては楽しめると思う。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/08/23 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。