青春映画5連発 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

青春映画5連発

[ 2006/08/06 ]
電車男 スペシャル・エディション [DVD]ウォーターボーイズ (通常版) [DVD]スウィングガールズ スタンダード・エディション [DVD]リンダリンダリンダ [DVD]サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) [DVD]

「電車男」
ブームの当時から冷めていて、本も読んでいなければ、ドラマも見ていなかった。
中谷美紀の顔は以前から怖い、と思っていたので、映画も見る気になれなかったのだが、ここまでブームになっているなら見るしかねーな、と後ろ向きな気持ちで見てみた。

普通に面白かった。
ベタベタな善意の物語をベタベタな演出で描いている。
書籍化、映画化の過程でそぎ落とされたものも含めて、オタク的な小道具がどうこうというよりも、オタク、というキャラクターの最大公約数的なイメージの打ち出し方がうまいなあ、とうならされた。
山田孝之の演技は本当によくて、真性ではないか、と噂されたのも頷ける。
深く読み込んでいけば、そりゃあいろいろ言いたいことがある人もいるだろうが、「オタク」の一般化促進にはよろしい出来ではなかろうか。
比べるのもあれだが、「7人のおたく」の頃に比べると隔世の感がある。



「ウォーターボーイズ」
つくりは直球ど真ん中。
男子のシンクロナイズドスイミング、という毛色の変わったモチーフに適度な笑いをまぶして、出来のいい青春映画に仕上げている。

この作品あたりから最近に至るまで、「青春モノ」が流行り始めたわけだけれど、「青春デンデケデケデケ」や尾道三部作と異なるのは、どこか大人の目線で振り返っているような懐古的な美しさが見られないあたりか。
悪く言えば、幼児化した視線であるが、リアリティを出そうとすれば、こうなるか。
ということはもう、「東京物語」や「生きる」みたいな作品は生まれない、ということなのかな。



「スウィングガールズ」
「ウォーターボーイズ」の監督が前作で得た方法論を使い回した作品。

女の子の集団が持つ嫌味のようなものも、かなり脱臭されてはいるが、よく描かれている。
それでも鑑賞後に得る感想は前作とあまり変わらないけど。
ただまあ、前作が実話を基にしたのと異なり、いまどきの女子高生があんなに多く、そう簡単にジャズに転ぶか? という疑問は残る。
ドラマとして、際立ったエピソードを持ち込みたかったのだろうが、二作目ということもあり、ちょっとあざとさが目に付いた。



「リンダリンダリンダ」
高校の文化祭数日前に女の子四人組がブルーハーツのコピーバンドを結成し、演奏する話。

ありがちなモチーフを選びつつ、極めて内省的な演出で見せる地味な作品。
長回しを多用し、BGMが最小限に抑えられている。
韓国からの留学生、仲間内の諍い、友情、恋愛のいざこざなど、ドラマを組み立てるのに十分なモチーフを用意しているにも関わらず、乾いている。
その乾いた中にドラマがあるわけだが、こちらに想像することを要求するつくりは、賛否両論ってところだろうなあ。

特別なことは何もないけれど、そのリアリティに共感できる人にとっては、じんわりいい映画。



「サマータイムマシン・ブルース」
今回一番の大当たり。監督は「踊る大走査線」の人。
大学のSF研究会に突然現れたタイムマシンを巡って巻き起こる珍騒動。
エアコンのリモコンを何とかする為だけに話が進むのだが……。

深いものを求めてもなんもないけど、なんもないからエンターテインメントとして楽しめる。
ギャグの沸点が低い私としては大いに笑かしてもらった。
バカ男子大学生のリアルな悪ノリが炸裂している。
そういや、こういうノリってあまり表現されたことないなあ。
タイムマシンものはどうしてもストーリー構成が複雑になるのだけれど、それと感じさせない勢いが素晴らしい。

タイムトラベルと夏、といえば、「夏への扉」という名作SFがあるのだが、青春を扱っているにも関わらず、ここにはそういうさわやかさも、あるいは泥臭さもなく、ひたすらバカな悪ノリを描くことにこだわっていて、よい。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/08/06 ] 映画 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。