手塚治虫「どろろ」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

手塚治虫「どろろ」

[ 2006/07/02 ]

水木しげるのブームを受けて描かれた妖怪モノ。
自分の体を刻まれた主人公が奪われた体を取り戻すために妖怪と戦い続ける話だけれど、こういうモチーフっていろんなところで見るが源流はどこなんだろう。

話自体は、設定はいいんだけど、あとがきで本人が言っているように、途中でやる気がなくなっている様子がよくわかる。
回収していない伏線のなんと多いことか。
なんてもったいないことをしているんだろう。

リアルタイムで読んでいた世代ではないので、手塚治虫の絵は常に、ぱっと見た感じでは全然、体重を感じさせない。
この作品ではコミカルな描写の合間に無数の悲劇が詰まっているのだけれど、流して読んでいるだけではそういう悲劇が軽すぎてすっと流れてしまう。
でも、ちょっと想像力を働かせてみると、ぐっとくるシーンがたくさんある。
彼の作品すべてに言えることだけれど、エッセンスのみを提示するだけで、そのエッセンスを劇的に見せる工夫をあまりしない。
書きたいテーマがたくさんあるからだろうけど、なんとも贅沢な作家だ。

まあ、面白かった。
軽すぎるから、それで終わりになっちゃうんだよなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/07/02 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。