村山由佳「星々の舟」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

村山由佳「星々の舟」

[ 2006/06/08 ]
それぞれがアダルトチルドレン的な要素を抱える家族の一人一人をピックアップした連作短編集。
三人称ではあるものの、角田光代「空中庭園」のような手触り。
戦中戦後の日本の歴史を貫通する家族の歴史を描いている点は北杜夫「楡家の人々」を思い出す。

まあ、それだけよくある手法で書かれた話なのだけれど、この人の凡庸さ、あるいは王道ぶりが遺憾なく発揮された作品であるように思う。
読み物として水準のレベルに達しているし、読ませる力はあるのだけれど、ここでは「天使の卵」にあったような瑞々しさが失われてしまっている。
いかにも直木賞をとりそうな普通の小説になってしまったなあ。

大衆小説としては文句のつけようがないが、「楡家の人々」がそうであったように、大衆小説としての体裁をとりながら、なお、それを超える高みに挑んだ作品を、私は読みたい。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/06/08 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。