乙一「GOTH」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

乙一「GOTH」

[ 2006/05/10 ]

「現代的に」病んだ心に材をとった連作ミステリー短編集。
乙一の作品は初めてで、こういう作品ばかりの作家でないことは知っているが、この作品のストーリーテリングのうまさと切れのよさには舌を巻いた。
宮部みゆきの安定感に通じるものがある。
収録作品の一篇は本格ミステリ大賞を受賞したそうで、最近のミステリーで評価を受けているものの大半が長い作品の多い中、喜ばしいかぎりだ。

酒鬼薔薇以降、シリアルキラーに材をとった作品はフィクションの世界において復古したトレンドになっている。
私自身はそのような狂気に関心が薄いので、読んだり見たりしたところで、その場限りの楽しみとして、特に傾注を傾けるジャンルではないのだけれど、この分野に愛着を持っている人々は世に多い。
ゴス周辺の文化には筋肉少女帯や夢野久作など、好きな作家、ミュージシャンもいるけれど、最近溢れる「殺人様式美」にはどうも馴染めない。
それらの作品の多くは狂気をファッション以上の存在として捉えられていないか、普遍化できていないような気がする。
この作品も投げ出すのみで、結論や次のステージを提示するようなものは描かれていない。
投げ出すやり方はもちろん「アリ」なんだけれど、個人的には、こういうテーマを扱っている以上、安直な興味本位で描ききって欲しくないな、という気がする。
あるいは私自身の倫理観の問題だろうな。
さらには「ドグラマグラ」以上の狂気を見せ付けられていないことも大きいかもしれない。

とはいえども、そういったファッションとしての「狂気」の部分はともかく、純粋にミステリーとしての本作はよくできた佳作が多く収録されている。
読み手をまどわすミスリードも周到に配置されていて、それは難解な類のものではないけれど、明快な方法論によって緊張感をはらむ結末へと導くことに成功している。
佳作。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/05/10 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。