夏目漱石「草枕」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

夏目漱石「草枕」

[ 2006/05/02 ]

漱石の小説は今まで6,7冊読んだけれど、年齢のせいかなんなのかよくわからないが、この作品が個人的には一番きた。
神経症が暗い影を落とす後年の作品より、若年の頃の作品のほうが好きなのは、私が若いからなのか、性格によるものなのかはまだ計りかねるところがある。

それまでナンバー1だったのは「こころ」だったのだけれど、高雅な言い回しのみで彩られながらも、歯切れのよい文章のこの作品はとてもリズムがよく、ポンポンと心に染み入るようで心地よいものだった。
惜しむらくは私の素養の無さで、注釈を読まなければ分からないところがいくつもあって、リズムを崩されることが一再ではなかったことか。

近代批判が随所にみられ、日本文化の礼賛によって語られるその視線の先見性には驚いた。
特に後の「門」に通じるような「禅」への接近が顕著な精神性は、主人公と那美の会話や俳諧、引用される漢詩に散見できて興味深かった。

1ページ丸ごと暗誦したくなるようなさわやかで美しい文章に出会ったのも初めてだった。
漱石はやはり全作品読まなくちゃいけないなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/05/02 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。