村山由佳「天使の卵」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

村山由佳「天使の卵」

[ 2006/04/23 ]

うらやましい。
筋立て、人物造形、テーマなど、真新しいものは何もなくて、奇をてらったところも何もないのだけれど、みずみずしい感性に心を打たれる。
こんな視点を持ってみたいよ。

難癖つけようと思えばいくらでもつけられるが、そういうことをしたくなくさせるだけの力がある。
女性作家でありながら、青年前期のあいまいな情動をリアルに描けた、という一点だけでも評価したくなるけれども、それ以上に細部を際立たせる優しい視線を意識せずにいられない。

ただ、どうしても注文つけたくなるのは、夏姫の描写不足。
続編は彼女に焦点をあてた物語だそうだが、少ない出番で見せた彼女の可憐さ、強さ、優しさを、あるいはまだ見ぬ彼女の魅力を見せてくれるのだろうか。

現代作家の恋愛小説はあまり読まない方なので、どうしても比較対象に「セカチュー」が入ってくるのだが、あんなもんが爆発的に売れるくらいなら、なんでこれが!と思わずにいられない。

「みずみずしい感性」でふと思いついたが、絵国香織や吉本ばななを読み返す必要があるかもしれないな、と感じた。
でも彼女らの小説にあふれる感性って少女マンガで代替が利いてしまうんだよなあ。
そこらへんの距離感の違いがよく整理できない。
散文的なリリカルと詩的なリリカルの違いだろうか。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/04/23 ] 娯楽小説 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。