清水玲子「秘密」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

清水玲子「秘密」

[ 2006/04/13 ]

2巻まで読んだ。
死後の人間の脳を見ることによって捜査をする、という近未来の警察を舞台にしたサイコスリラーの連作中篇集。
この手のモチーフは「攻殻機動隊」にも登場しているけれども、主に猟奇殺人を扱っているので、テーマへのアプローチの仕方や雰囲気で「多重人格探偵サイコ」にも近しいものを感じた。
「サイコ」は水もので、心理学ブームに乗っかっただけのあざとさに嫌悪感を持たずにいられなかった(それでもレベルは高いけれども)が、こちらは女性作家だからか、暖かさのようなものがあって、わりと好感がもてた。
設定はいわばありものを使用しているのだが、作劇の手腕が高い水準で安定しているので、どの話も粒が揃っている。
ただ、キャラクター、特に薪室長の設定や同性愛的な部分がエピソードの端々に頻出することはちょっと個人的にマイナスだけれど。

そういえば、少女マンガ(あるいは女性を主なターゲットにした掲載誌のマンガ)でここまで恋愛を前面に出さずに高い水準で話を作っている作品は見たことがなかった。
ほんとにうまいなあ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/04/13 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。