諸星大二郎「グリムのような物語 トゥルーデおばさん」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

諸星大二郎「グリムのような物語 トゥルーデおばさん」

[ 2006/03/22 ]

いつの時代のどの作品を読んでも、絵柄もセンスも同じなのは楳図かずおと同様なのだが、いわゆる恐怖マンガに属する人たちというのはそういうものなのだろうか。
あまり恐怖マンガを読む人間ではないので他の人と比較することはできないけれど、ちょっとした謎だ。
諸星大二郎を恐怖マンガのジャンルにいれるのは抵抗がないでもないけれど、その周辺でよい仕事を多くしてきたのは間違いない。

グリム童話を諸星流に換骨奪胎させた連作短編集で、それぞれに彼のセンスが光っている。
恐怖とは違うけれど、あの不安感と奇妙なノスタルジーが同居している点も同じ。
特に「赤ずきん」はよくある改作されたパロディーものをさらに一ひねりさせたものでその手腕に舌を巻いた。
「Gの日記」のように諸星なじみのテーマを描いた作品でも原作の味をいかした佳作に仕上がっている。

心の空隙を絶妙につく作家性はまったく衰えておらず、この人はまだまだ一線級の作家なんだなあ、と驚かされた。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2006/03/22 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。