ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヘルマン・ヘッセ「車輪の下」

[ 2005/12/09 ]

20代も終わり近くになって「車輪の下」。
ちょっと恥ずかしい。

神学校に入る前後の少年の変化を綴った話だが、後の少女マンガに与えた影響の大きさがうかがい知れる作品だった。
少年の目を通して捉える南ドイツの豊かな自然が美しい。

少年期の視野の狭さ、行動可能範囲の狭さに由来する世界の見え方、というのは「リリィ・シュシュのすべて」などでもよく描かれていたけれど、ここでも淡々とした中に、しっかりと書き込まれていた。
友情と恋と、周囲の期待と…。
オーソドックスな成長エピソードにおしつぶされる人間は確実に一定確率で存在する。

運良く生き残り、大人になれた身をしみじみ幸福に感じた。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/12/09 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。