ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」

[ 2005/11/22 ]
短編のほうがエッセンスが凝縮されていて良い、という話は聞いていたが、長編のほうを読んだ。
ドラマや映画にもなっていて、それらも見てはいないが、12、3年くらい前からずっと心に引っかかったまま放置していた。
別に敬遠していたわけではなく、他にもそういう本はたくさんあって、たまたま読む機会がなかっただけの話だ。

文庫版の裏表紙に「現代の聖書」
帯には20ヶ国以上で翻訳され、700万部のベストセラー、とある。
聖書かどうかはともかくとして、これがいろいろな意味で意義深い作品であることに違いはない。

たしかにストーリーには冗長な部分や予定調和的な部分があったけれど、この作品が持っている本質的な意味での輝きは損なわれてはいないと思う。
お涙頂戴としても立派な作品。
ええ、泣きましたとも。

SFというジャンルを超えてしまって、もうこの作品がSFであるという認識を持っている人はあまり多くないだろうけれど、これはSF作品だ。
SFではよく、SF的小道具やSF的シチュエーションがもたらされたことによって、認識が変容していく様をシミュレーション的に描いた傑作が多々ある。
それがSFの醍醐味だったりするわけで、願望がかなえられた先に私達がどんな変化をするかを描いた作品は知的で面白い。

この作品は小道具やシチュエーションが変化したことによってもたらされる認識の変容を描いた作品ではなく、認識の変容によって、世界がどのように変容して見えるかを描いた作品だ。
赤子から始まって老人にいたる、人生の認識の階梯を数ヶ月で一気に駆け抜ける展開は切ない。
それが地の文となって、「経過報告」という形で綴られる一人称の心象風景は素晴らしかった。

今となっては同種のテーマを扱った作品がいくらかあるので、色あせてしまった感は拭い得ないけれども、このテーマを掘り起こした功績は大きいだろう。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/11/22 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。