漆原友紀「蟲師」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

漆原友紀「蟲師」

[ 2005/10/26 ]
6巻まで読んだ。
柔らかいタッチの作画と間の取り方、自己主張の激しくない登場人物達が印象的。
昭和初期を思わせる舞台設定による雰囲気作りが成功している。
「ブラックジャック」や「マスターキートン」のように一話完結の連作形式の話で、主人公が旅先で出会う人々を助けたり助けられたり、というフォーマット。

怪異の新たな解釈としての「蟲」の設定自体は悪くないが、オリジナリティと呼べるほどのものはこれくらいで、エピソード自体はオーソドックスなものが多い。
演出は巧みだが、やや小さくまとまりすぎているような気もする。
主人公のバックボーン、生い立ちの謎などがこれからの展開でどう明かされ、作用するのか、そこら辺に今後の評価がかかっているだろう。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/10/26 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。