弐瓶勉「BLAME!」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

弐瓶勉「BLAME!」

[ 2005/10/24 ]


舞台設定とSF設定に目が行く。
果てしなく巨大な建造物内を旅するという、ダンジョンRPG的な要素をうまく消化した設定がオリジナリティを感じさせる。

さらに、極端に寡黙な登場人物達、説明されることのないキーワードと状況、俯瞰と下からのアオリを多用した構図、シャープで鋭角なタッチで描かれる世界、と非常に特異な美学に貫かれている。

読む側の想像力を試すが如く、なんの説明もないまま進行していくストーリーは、特異な世界観を楽しむこともできるし、意味を深読み、推理する楽しみもある。

サイバーパンク的な空気感を漂わせつつも、構築美のひとつの極点ともいえる作品世界は魅力的だった。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/10/24 ] マンガ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。