今敏「千年女優」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

今敏「千年女優」

[ 2005/10/08 ]
千年女優 [DVD]

ストーリーはアニメであまり取り上げられることのない「老い」を織り込んだもの。
その為、恋愛を主軸にしているとはいえ、通り一遍のものにはなっていない。
まあ、アニメ以外のジャンルならまったくない、というほどのストーリーではないけれど。

話の端々に顔を出すユーモアのセンスは個人的にはツボをはずしてしまったが、息抜きとしてちょうどいい、と思える受け手もいるだろう。

演出に対する意気込みは高く、非常に挑戦的な試みが見られる。
劇中劇とヒロインの過去の交錯によって綴られる物語はちょっとした眩暈感を起こさせる効果があった。
作画デザインは「パーフェクトブルー」の頃から変わらず、非オタク的なリアルさを追求したもので、ストーリーの独自性とあいまって、成功していると思う。
全体の美術構成もいい。

ヒロインの恋の馴れ初め、その道を歩むに至った心境、物語の落とし方など、不満な部分もあるため、手放しでの絶賛とまではいかないが、見て損はない作品だと思う。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/10/08 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。