樋口真嗣「ローレライ」 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

樋口真嗣「ローレライ」

[ 2005/10/07 ]
ローレライ [DVD]

特撮としてみればまあまあの出来だが、ガメラ2の完成度には及ばない。
戦争映画としては、決定的にリアリティにかける。

ストーリーも陳腐だ。
特殊能力を持った少女に決戦兵器の鍵を握らせる、という手法は「最終兵器彼女」とか「イリヤの空、UFOの夏」などでも見られたけれど、その種のファンタジーを成立させる舞台として、第二次大戦の末期を持ってくるのは、ミスマッチであった。

荒唐無稽が悪いと言うわけではないが、作り手の意図がどちら側に向いているのか、最後まで判然としなかった。

キャストに富野由悠季、スタッフに庵野秀明や出渕豊、押井守らの強力なアニメ人脈を擁し、主要出演陣も豪華、制作費12億円という、日本映画にしては破格なスケールの巨費を投じた結果がこれ。

緊迫感の伝わるシーンはある。
見ごたえのある戦闘もある。
だから、まったくの駄作とは思わないが…。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2005/10/07 ] 映画 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。