『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら』(岩崎夏海)

[ 2011/06/19 ]

もしドラ。
いわずもがなの昨年の大ベストセラー。
経営学に関して私が何かを知っているはずもなく、ドラッカーの存在も名前くらいしか知らなかった。
アニメ化もしたし、売れているから読んでみただけで、そこに組織経営論的な何かを読み取ろうという動機は希薄だった。

ストーリーがそのままタイトルになっている。
とりあえず味も素っ気もない地の文章につまづいたのだけれども、読みやすさということだけをあげるならとてもよい文章だと思う。
普段、本など読まない人でもとっつきやすい文章だし、読んでいてまったくストレスを感じないストーリー展開はいわゆる「文学」ではできないことだ。
誰が読んでも内容が理解できると思うし、実際のところ、組織経営論の入門書としては最適だと思う。
感動の質や、エピソードの巧拙、キャラクターの魅力などを挙げて小説としてどう評価するか、というよりも実用書としてどうなのか、という視点からのほうが建設的な議論になるとは思うが、そもそも実用書をそれほど読まない人間なのでなんともいえない。

『マネジメント』をもちろん読んだことがないのだけれども、いろんなところで聞く限りすぐれた書物なのだろうな、と思うし、いつか私も読んでみたいと思う。
ただ、なんで『マネジメント』?ってのはひっかかる。

「もし高校野球の女子マネージャーが孔子の『論語』を読んだら』とか
「もし高校野球の女子マネージャーが新渡戸稲造の『武士道』を読んだら』とかでもいいと思う。
『マネジメント』以外にも良書はこの世にたくさんある。
この作品では『マネジメント』を金科玉条、聖書のように崇め奉っていたが、古典をライトノベル的、現代的な方法論で売ってもいいと思うし、実際に様々な方法で古典名著は販促されているのだけれども、この本のようなブレイクスルーは成し遂げていない。
いろいろな要因があってブレイクスルーしないのだろうけれども、ぜひとも二匹目のどじょうを掴んで欲しい。

それにしても、日本人はたしかに組織経営論的な考え方というものをほとんど理解していないのだな、ということが日常生きていて痛感させられる。
原発の不祥事や統治機構の鈍重さ、新技術のガラパゴス化、会社組織の理不尽さなどは個々人の能力や技術の稚拙さが原因なのではなく、それらに携わる人々の組織経営がうまくいっていないからこそだと思う。
その意味で、賛否は様々あるだろうけれどもこういう本が多くの人に読まれたということは素直に喜んでいいことではないだろうか。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/06/19 ] SF・ライトノベル | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。