『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』(長井龍雪) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。』(長井龍雪)

[ 2011/06/28 ]

略して『あの花』
今期、もっとも盛り上がったアニメだと思う。

小学生時代、死んでしまったはずの仲良しの美少女が突然、ひきこもり高校生になってしまった主人公の前に、主人公だけにしか見えない幽霊として現れたのをきっかけに、バラバラになっていたかつての仲良しグループがまた彼女の成仏のために気持ちをひとつにする、というノスタルジック・ファンタジー。

放映前からZONEの名曲『Seacret Base』が主題歌になるということでわりと注目を集めていたが、第一話から早くも名作の予感がする素晴らしい出来だった。

ところが、回を追うにつれ、その幽霊の設定の無理くりさや登場キャラクターの変態じみた女装趣味などが際立っていく。
また、「あなる」というあだ名のヒロインがいたり、亡くなった少女の母親の病みっぷりがおかしかったりと、かなりいびつな要素もはらんだ作品だった。
ドラマを盛り上げる道具立てとして、そうしたものを持ってくるというのは全然ありだし、大枠としてのイノセントなノスタルジー設定の中でそういう奇妙なものが紛れ込んでくる、というのもネタとしてはありだと思う。
実際、笑えたし。
ところが、ストーリーが終幕に近づくにつれて、そういういびつなものがシリアスな話の本筋の終息を邪魔するようになっていく。
単純に脚本家のバランス感覚が悪かっただけだと思うのだけれども、全11話中、9.10話の展開はちょっと苦しい物があった。
それまでにあった設定の無理くりさ(矛盾とまでは言わない)や人間関係の膿を清算させようとしてさらに無理をしている。

それでも11話で強引に大団円に持っていって、きっちり泣ける話にできたのは脚本の力、というよりは演出の力だと思う。
最初から粗が目立つな、とは思いながらもずっと見続けていたのは演出の力が一番大きかった。
別に際立って独特な演出をしていたわけではない。
この物語の「大枠」に忠実で丁寧な演出だった。
それが最後の大団円をきっちり活かすことに繋がっている。

大枠はいいのだ。
子供時代のノスタルジーで『seacret base』でなかよしグループの再構築で、青春時代の甘酸っぱい恋愛で、ポケモンで、花火で、と。
日本人はノスタルジーが大好きだから。
ただ、珍奇なことをしようとしてそれがうまくまとまらなかった。

それでも涙腺ゆるい人間は泣いてしまうだろうし、私なんかも普通に泣いた。
あんまりな展開だったので呆れて失笑しながら泣いた。
こんな体験はさすがに初めてだった。
人間の心って不思議だなあ。

理性的な部分ではこの作品を手放しで褒めることって到底出来ないし、DVDがバカ売れするだろうということがなんだかシャクに触るのだが、やっぱノスタルジーはいい。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/06/28 ] アニメ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。