『素晴らしき日々~不連続存在』(ケロQ) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『素晴らしき日々~不連続存在』(ケロQ)

[ 2011/11/03 ]
2010年に発売された18禁ゲーム

叙述トリックや哲学、心理学、文学の多彩な引用が散りばめられた実存探求ストーリー。

電波やいじめ、猟奇シーンの描写がわりと濃密に描かれている前半はかなりしんどくてイライラさせられたし、読むのがかなり苦痛だった。
始める前から人によっては好き嫌いが分かれる、というのは聞いていたけど、どうやら私は嫌いなほうなのだな、と思いつつ読み進めた。

とっつきやすさという意味ではかなり損している作品だと思う。
全六章構成になっているのだが、一章は電波、二章は電波プラスいじめ、三章はいじめが主で、それらの描写のねちっこさは本当にすくわれないし、鬱にさせてくれる。
ただ、ストーリーや設定に関する背景がわかってくるにつれて、無視できないテーマ性が潜んでいるな、という予感が感じられたので、それがひっかかって話を読み進めることができた。
四章以降はそれまでの鬱屈を晴らすように、様々な謎が解き明かされていく。
その過程は実に素晴らしかった。

作中で語られる認識論や哲学論考、文芸批評はそれほど新規なものでないし、ガジェットであるなあ、という評価以上のものはなかったのだけれども、作中の「しかけ」が実に巧妙で、全体通しての主人公の設定の奇抜さや、それを可能たらしめた描写の妙にひたすらうならされた。

さらに、読後感の特殊さがこの作品の評価を分けている要因にもなっていると思う。
エンディングで語られる会話と、作品全体の設定やストーリーの辻褄を合わせようとすると、これは陳腐なものになってしまうのではないか、という懸念が残る。
いくつかの要素を抜きにして考えれば全ての辻褄をあわせられるのに、そうしなかったのは作り手の意図的なしかけなんだと思うけど、個人的にはなしかな、と思った。


電波を扱った作品という意味では大槻ケンヂの『新興宗教オモイデ教』という先行傑作があって、かの作品は後に『雫』という、これまた電波を扱った18禁ゲームでモチーフにされたことがあった。
『ドグラマグラ』もそうだけど、独特の眩暈感は、電波作品ならではと言っていいと思う。
どれもとっつきにくいけど、考えてみれば、テーマ性と「電波」を両立させた作品てそれほど世に存在しないような気がする。
あまりたくさん読みたい類のジャンルではないけど、クリア後は、脳みそを揺さぶられるような余韻がずっと残るようで、素晴らしかった。



関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2011/11/03 ] ゲーム | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。