『ネートチカ・ネズワーノワ』(フョードル・ドストエフスキー) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『ネートチカ・ネズワーノワ』(フョードル・ドストエフスキー)

[ 2012/09/03 ]


1849年発表。恐らく近代文学史上最初のGL小説と言っていいだろう。
この作品の執筆中、ドストエフスキーはシベリア送りにされたため、未完となっている。
今となってみれば、かなり画期的な作品だと思う。

貧乏な家庭に生まれ、早くに両親を亡くした少女ネートチカの成長を描いた作品で、話の骨格としては昔の少女マンガや少女小説の薄幸の少女主人公とたいして変わらない。
当初は『おしん』みたいな話になるのかな、と思いながら読んだし、あるいは以前読んだ佐々木丸美の『雪の断章』なんかも思い出したりした、のだが…。
全体の三分の一くらいの尺を割いて、主人公ネートチカとその友人カーチャの恋模様を描いている。
つまるところは幼女レズだ。
しかも、ロシア人は挨拶代わりに接吻する民族なので、ほとんど肉体関係に近いほどの熱烈な恋愛描写が為されている。
以下、本文より抜粋

カーチャはふたたび身を屈めて、かぞえきれぬほどわたしに接吻しました。何粒かの涙がわたしの頬に落ちました。カーチャは深く心を揺り動かされていました。
「本当にあんたが大好きだったのに、それでいて、そんなことはない、そんなことはないっていつも思っていたのよ! 好きだなんて言ってやらないって! それにしても、ずいぶん強情を張っていたものね! あたしは何を怖がっていたのかしら、どうしてあんたを恥ずかしがっていたのかしら! だって、ほら、あたしたちはいま、こんなに楽しい思いをしているでしょう!」
「カーチャ! とても苦しい!」歓喜に恍惚となってわたしは言いました。「胸が張り裂けそう!」
(水野忠夫 訳)

別に百合好きではない私なんかからみると、ややひいてしまうほどのラブラブっぷり。

アニメやラノベ界隈で「百合文化」が注目されるようになったのはここ10年か20年くらいのものだけれども、それ以前から一応、ヴァージニア・ウルフやら吉屋信子やら、松浦理英子やらがレズビアン文学とでも呼べるものを書いていたし、男性目線のエロティシズムを含んだものとしては谷崎潤一郎の『卍』なんて名作もある。
でも、それらの作品群が登場する100年も前にドストエフスキーが幼女レズを描いていた、というのは驚異に値するのではなかろうか。
男性の同性愛を描いた近代文学はいちいち挙げるのも馬鹿馬鹿しいくらい質量共に充実しているけれども、女性のそれを描いた作品で名作と呼べるものは本当に限られているし、充実した研究もない。
にも関わらず、おそらく世界で初めてホモ・セクシュアルを描いたメルヴィルの『白鯨』(1851)よりも早く、レズビアンを描いた文学が発表されていたわけだ。
同時期のフランス(ロシア貴族はフランス語が公用語化し、フランスかぶればかりだった)では男色罪なんてものがあって、後にオスカー・ワイルドが逮捕されていたりするものだけれども、女性の同性愛については社会的にどのような扱いだったんだろうか。
ドストエフスキーがこの作品を書くにあたってどのような意図で描写したのか、社会の反応はどのようなものだったか、知りたい。
あるいは、現在でこそ子供の恋愛(ネートチカははっきりと恋と言っている)に関して背徳的な匂いを感じてしまうけれども、ここでは単純に「お遊び」として捉えられていたのだろうか。

作品全体を通してみた時、恐らく幼女レズはメインテーマではないだろうし、解説によれば、ドストエフスキーの当初の目論見としては群像劇を書きたかったようなので、百合ものとして評価されるのはいかがなものか、とは思うのだけれども、今となってはもう、そのようにして評価するしかないのではなかろうか。

全集にしか収録されていないため、ドストエフスキーの作品中でもとりわけ知名度の低い作品ではあるが、この作品はドストエフスキーの数ある傑作群の中でも今の世の中でもっとも読まれるべき作品だと思う。
別に傑作だからというわけではなくて、これほど「百合」にはあはあ言っている人間が多い世の中ならば確実に需要があるし、これをきっかけにドストエフスキー文学を読もうという人も中には出てくるはずだ。
萌えイラストをつけた単行本で出せば絶対売れると思うのだけれども、どっかにそれくらい気の利いた編集者はいないもんかねえ。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/09/03 ] 古典・純文学 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。