『灼熱の小早川さん』(田中ロミオ) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『灼熱の小早川さん』(田中ロミオ)

[ 2012/09/20 ]
原作アニメ『人類は衰退しました』も好評で、『AURA~魔竜院光牙最後の闘い』もアニメ化されるなど、最近、注目度の高くなった田中ロミオの最新作。
以前のカルト作家的な扱いが嘘のようにメディアミックスされまくっているのは、ファンとしては素直に嬉しい限りなんだけど、ラノベ作家に転じてからの作品は、いずれも高い水準をキープし続けているとはいえ、『CROSS†CHANNEL』や『最果てのイマ』で到達したような至高の領域にまでは至っていない。
どれもわりと小さくまとまっているような気がしていささか物足りなさを感じてしまうんだけど、それは贅沢な悩みなのかもしれない。
どれもそこらへんのヒット作品よりもずっと面白いことには変わらないわけだから。

本作はラノベの王道とも言える学園ものなんだけど、他の作品でも顕著だったオタクネタやオタク的な悪ノリがとても抑えられている上にSF色も薄くて、今までの作風とはまた違った踏み出し方をしていると思う。
萌え絵のイラストがついていなければ直木賞でも狙えそうな作風。
キャッチコピーには「観察系ラブコメ」とついていたけど、ラブコメ、というほどコメディな場面て一箇所くらいじゃなかったろうか。
まあ、素敵なボーイ・ミーツ・ガールではあるんだけど。

学級崩壊寸前のクラスを立てなおそうとするクラス代表の女の子「小早川さん」と、彼女を煙たがる連中から牽制役としてクラス副代表に押し付けられた主人公飯島直幸を中心に話は展開していく。
「空気」の支配にどう抗うか、がテーマと言ってもいいと思う。
山本七平の『空気の研究』とか阿部謹也の「世間論」など、日本人の同調意識に対する強迫観念の歪さはつとに指摘されることだけれども、その傾向は薄まるどころか近年はますますその傾向が強くなっている。
社会性やソーシャルスキルの重要性を説けば説くほど、「空気を読むスキルの重要性」みたいな話に矮小化していってしまうのはやはり日本人だからなんだろうなあ。
この作品でもそういう「空気」の同調圧力の中で政治的にうまく立ち回っていた主人公が、外側からその「空気」を見てしまった時の違和感がよく描かれていたように思う。

また、直幸と「小早川さん」が抱えているそれぞれの心の暗い部分の描写は、ロミオ節が存分に発揮されていて、こちらの心の隙を深く抉り取るような鋭利さを堪能できた。

話の大枠としてはそれほど新奇なことはやっていなくて、横紙破りと弱みを握ることで空気を壊す、というところに収斂してしまったのだけれども、そうした細部の描写で十分に魅せてくれたので、まあいいんじゃないかな。

そういえば、直幸の心理描写の入り組み方は『CROSS†CHANNEL』の太一を彷彿とさせるものもあって、クロチャファンとしては嬉しかった。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/09/20 ] SF・ライトノベル | TB(1) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
この記事のトラックバック URL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まとめ【田中ロミオ『灼熱の小】
灼熱の小早川さん (ガガガ文庫) 原作アニメ『人類は衰退しました』も好評で、『AURA〜魔竜院光牙最後の闘
[2012/11/22 13:29] まっとめBLOG速報
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。