憲法(笑) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

憲法(笑)

[ 2012/02/01 ]
刑法やら民法やら商法やらが人間を縛るルールなら、憲法は国家を縛るルールなわけですが、日本は66年に渡って、一字一句改変することなく、やってきました。
66年前と現在じゃ、世の中の有り様はずいぶん変化したと思うんですが、改正のルールがとても面倒なので、誰も手をつけられなかったんですね。
憲法というと、常に改正論議が行われていて、護憲派、改憲派というのが戦後ずーっと対立してきたんですが、ふと、それはどのような意味があるのだろうか、と思いました。

さんざん言われていることではありますけど、日本は憲法9条において戦争を放棄しているわけで、紛争解決の手段としての軍隊を放棄しているにも関わらず、自衛隊という事実上の軍隊を抱えています。
とりあえず解釈でねじ伏せて論理的整合性を保っている、という建前になっていますが、別に9条に限った話だけではなくて、日本社会の様々な事案が違憲状態、ないしはそれに準じるグレーゾーンな解釈で運営されています。
一票の格差であるとか、言論、表現、思想信条の自由、生存権などなど、字面通りに読んだら守られていないと思われるものは沢山あります。

で、違憲だったら何がどうなるの?というとどうにもならないのが憲法だったりします。
一応、違憲ではないか、と疑義が出されたら裁判所が審査するようにはなっていますけど、だからってその審査結果に強制力があるかというと、ないですね。
刑法に違反したら警察にとっ捕まるし、民法や商法でも裁判の判決には強制力が働きます。
憲法は国を縛る法律ですが、国を運営している政治家を、「違憲を放置した罪でしょっぴく」ということもないわけで。

結果、憲法ってのは言い訳なり努力目標なりの役割しか果たしていないんじゃないの?という疑念が湧いてきます。
この国では権力者が罪(道義上のも含め)を問われる、ということがあまりありません。
罪を問われるとしたらそれは統治機構内部の権力闘争に敗れた結果でしかない。
最近のケースだと、東京電力の企業形態は事故前とまったく同じで、しかも退任した清水元社長には5億円の退職金が支払われているという驚愕の事実があります。
菅直人前首相が原発事故に関して、最悪のシナリオの隠蔽を指示していたこと、またSPEEDIの観測結果を米軍のみに提供していたことなどが暴露されましたが、こういうことをやらかしても牢屋にぶち込むことはできません。
大企業が破綻したら自己責任で倒産、ということもなく、公的資金を注入して組織の存続を図ろうとする。
公務員が業務上の失敗をやらかしても、出世にケチがつくくらいで、首になることもない。

要するに責任を取らされるのは常に下流にいる人達だけで、ルールを守らせる側がルールに従って罰せられることなど、その統治コミュニティ内部で脱落しない限り、ありえないということです。
責任というのは地位が上昇すると重くなる、と言われていますが、むしろやりたい放題になっている、というのが実状です。

このような社会構造にあって、憲法に定められているとおりに国家を運営していこうという政治家などまずいないし、憲法というのは都合のいい言い訳以上の効果を持っていないのではないか、とさえ疑ってしまいます。
強制力のないルールにさして効果など期待できません。
なればこそ、日本国憲法は66年も改正されることなく今日に至ったのでしょう。
今更変えた所で、それを運営する統治機構そのもののあり方を変えない限りは意味のないことです。
本来であれば、その統治機構の不正を追求するのは国民であり、マスコミであるはずですが、政治運動をしている人達はプロ市民と蔑まれ(ズレているとしか思えない人間が多いのも事実だけど)、マスコミは統治機構に完全に懐柔されてしまっている。

私自身は改憲派なんですけど、憲法を改正することよりも、まずは憲法を遵守できる統治機構を創り上げていくことのほうがより重要な課題なんじゃないか、と思います。
まあ、憲法を遵守できるようにする憲法に改正する、というのでもありですけど。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/02/01 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。