『87CLOCKERS』(二ノ宮知子) : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

『87CLOCKERS』(二ノ宮知子)

[ 2013/08/14 ]
オーバークロックを題材にしたマンガ。
最近、所有しているPCのファンが3つも同時にイかれたので、ファン交換という作業を初めてやった。
HDやメモリの増設は経験済みだけど、未体験ゾーンの作業をやったということで改めて自作に興味を持った。
以前、『パーツのぱ』という自作PCショップを題材にした作品は読んでいたのだけれども、改めて。
『のだめカンタービレ』の作者の最新作の題材がよりにもよってオーバークロック?ということで少し前に話題にもなっていた。

『のだめカンタービレ』の後期はそれほど面白いとは感じなくなっていたので(実際、もう、最終回の内容を思い出せない)、それほど期待して読んだわけではなかったのだけれども、これが意外に面白かった。
キャラクターの魅力とか、演出とか、作画とか、そういう要素は『のだめ』と変わらないので特筆すべき点はどこにもない。
でも、自作PC、オーバークロックという世界に、アキバ的なものに触れてその魅力に開眼していく主人公の描写がうまくて、ひきこまれるものがあった。
啓蒙、というのはドラマになるし、何かを理解する、というのは感動することである。
オタク趣味を理解していく過程を物語にした作品というのは、実際のオタクの人達が書いた作品にはいくらでもあって、面白いのもあるのだけれども、作者自身が「アキバ的なオタク」でないのにも関わらず、そういった世界に開眼してく様子をドラマにする、という発想、というか立ち位置は私なんかにはわりと新鮮に感じられた。

ただ、そういう啓蒙的なドラマって長期連載に向いているか、というと微妙なところで、主人公がいつまでも無知のままでいられるわけもなく、オーバークロッカーとして成長を遂げてなお、魅力的な物語であることができるかどうか、というのはよくわからない。
『のだめカンタービレ』の海外編なんかはそこら辺が私なんかには合わなくて、印象が薄いんだけど、今作ではどのような展開を見せるだろうか。

87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)87CLOCKERS 1 (ヤングジャンプコミックス)
二ノ宮 知子

集英社

Amazonで詳しく見る by AZlink

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2013/08/14 ] マンガ | TB(0) | CM(0)
忍者AdMax

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。