マスコミの若者離れはいつ始まるか : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マスコミの若者離れはいつ始まるか

[ 2012/02/03 ]
若者の◯◯離れ、という言葉は頻繁にマスコミの記事で踊りますが、何故若者の動向というのがマスコミで話題になるんでしょうか。



中年の◯◯離れでも老人の◯◯離れでも、子どもの◯◯離れでも、分析しようと思えばできると思うし、そういう記事もまったくないわけじゃないですけど、若者の◯◯離れ、とやった方が読者に対する受けがいいんでしょうね。
金払って新聞読んでいる若者は少ないですから、マスコミにしてみたら、若者をネタにして中高年以上のメイン読者層の鬱憤を慰撫するネタにしているのかな、という邪推が働きます。
また、そういう記事を書いている人達も若者じゃなかったりしますよね。
とはいえ、古代エジプトのヒエログリフにも「最近の若者は~」という嘆きが記されていたとか聞きますし、若者論というものはいつの時代にもそれなりに有効な言論である、とみなされていたのでしょう。
記録に残るような媒体、影響力のある媒体で発言できるのは若者でない人達のが多いですし、そのくせ、昔は平均寿命が短くて、若者の数も多かったから、一括りにして語ることにそれなりの有効性があったと思います。

ただ、若者ったって今やマイノリティですよね。
日本は30年以上、出生率2.0を下回っていますし、寿命は伸びる傾向にあるし、現在、日本人の平均年齢は45.2才(2010年に出された推計)と言われていて、民族としての日本人も初老と言ってもいいと思います。

おまけに若者は金を持っていないです。
◯◯離れ、と言っている背景には若者に受けるようにどうにかしようとか、◯◯に興味を持たない若者はけしからん、といったメッセージが含まれていると思うのですが、金もないし、人数自体、それほどでもない層をどうにかしようとしてもそれほど意味のないことのように思います。
若者なら簡単に扇動して消費行動に向かわせることができる、と思い込んでいるのかもしれないですけど、テレビや新聞の情報をまともに信じない若者よりは、そういったメディアに長年親しんできた中高年のほうが扇動しやすいんじゃないですかね。
選挙に行かない、金もない、人口も少ない若者を煽ったって景気はよくなりゃしないですよ。

社会全体として、若者をどうにかしようとするよりは、中高年以上の人達をどうにかしたほうがマシなんじゃないかと思います。
既存の教育制度や社会制度の中で、充分若者は成熟していくでしょう。
大人がとやかく言ったってどうにもならないです。
個別にアドバイスを欲しがる人には助言してあげればいいと思いますけどね。
それよりは問題が様々取りざたされている日本のシステムを今実際に担っている大人達自身がしっかりしないとまずいんじゃないかな、と。
若者を批判するとき、それは取りも直さず、そのような社会システムを築いてきた、あるいは放置してきた大人自身の問題に帰結します。

若者に注視しても社会がよくなることはないと思うのですが、中高年以上の人達の行動パターンを分析し、それを公表、扇動することは、景気浮揚や社会の健全化の一助になるのではないかと。
若者が既存の◯◯から離れていくことをとやかく言うよりは、マスコミが若者離れ、社会が若者離れを進めれば、意外に快適な社会が実現するかもしれません。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/02/03 ] 少子化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。