MONKEY MAJIK + 吉田兄弟『CHANGE』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

MONKEY MAJIK + 吉田兄弟『CHANGE』を聴こう

[ 2014/04/18 ]
カナダ人二人と日本人二人による混成バンドと津軽三味線の吉田兄弟のコラボソング。
2007年リリース。



Monkey Majikはテレビ番組のタイアップソングもいろいろ歌っているんで、そこそこ知名度はあると思うんですが、私にとってはテレビで耳にした、というよりは和楽器とネイティヴイングリッシュがコラボしたロックはないかなあ、と思ってネットで探してたら見つけたバンドです。
そこから遡っていろいろ聴いてみたけど、でもやっぱりこれが一番のお気に入り。

エレキのリフに絡みつく津軽三味線がとても心地いいです。ラップもはまっていますよね。
普遍的なポップ性と和楽器という"飛び道具"が実に心地よく融け合っている。
PVも独特な雰囲気があって魅入ってしまいます。
この人達のPVって他にもけっこう凝ったのが多いんで、動画サイトで漁ってみると面白いです。

プログレ好きなんで、わりと変わった音楽もけっこう聴いているんですが、和楽器を使用したポピュラーミュージックって少ないです。
もちろん、日本国内にはいくらでも例がありますし、最近なんかはヴィジュアル系和楽器バンドとかもあったりするくらいなんだけど、海外のバンドではそれほど例がないんですよね。
日本国内でもまだちょっとイロモノ的な扱いだったり、趣味人のものだったりで、そこまで普遍性を獲得していない。
ギターのエフェクターやシンセサイザーのテクノロジーもそろそろ行き詰まっているんで、和楽器や純邦楽、雅楽からもっと普遍的なポップ性を抽出、発見してくれるミュージシャンとか出てこないものですかねえ。


空はまるで
空はまるで
posted with amazlet at 14.04.18
吉田兄弟 m-flo SEAMO MONKEY MAJIK
エイベックス・エンタテインメント (2007-07-25)
売り上げランキング: 8,084

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2014/04/18 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。