「女性」のマネタイズと人間性の担保 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「女性」のマネタイズと人間性の担保

[ 2014/04/26 ]
人間の様々な営為、わけても義務とか役割とかいうものはマネタイズされるわけです。
そういう意味で、男性の役割は人類の歴史上ずっとマネタイズされてきたのですが、女性の役割はまだマネタイズの途上にあると言えます。

家事労働の話です。
家事労働は別に女性だけがするものではないだろう、という声も聞こえてきそうですが、男性もするようになったのはわりと最近のことですね。
様々な家電が開発されたことで女性が社会進出しやすくなり、その結果、男性も家事をするようになった。
あるいは、様々な家電が開発されたから、結婚せずとも独身で生きていけるようになった、とも言えます。
これももちろん、少子化の原因になっていますね。
家電に金を払う=「女性」のマネタイズ

そこら辺はかぐらかのんさんが、こないだ私が書いた少子化の原因まとめ記事への言及記事で補論を書いてくださっていますが。

少子化とウーマンリブ かぐらかのん

資本主義の、というよりも「近代」の当然の進展として女性が男性と同等の社会的権利を、社会進出を、という主張をし始めたら、それまでマネタイズされていなかった女性の様々な役割もどんどんマネタイズされるようになっていく。

私もよく主張している保育施設の拡充、というのはまさしく女性の役割の一部をマネタイズして子育てをアウトソーシングするもので、ここにいろいろと問題は出てくるよなあ、と思っていたら、またまたかぐらかのんさんが先回りしたような記事をあげておられました。

パーソナリティ障害と男女共同参画 かぐらかのん

女性の社会進出の結果、子育てをアウトソーシングするようになったらどのような人格的影響が子供にあらわれるか、あるいは障害が現れるかもしれない、という問題。
たとえばハックスリーは『すばらしい新世界』で、子供を完全に工場で生産し養育する、という世界を描いたわけですが、女性のマネタイズ、というのは必然的にそういう方向に向かっていく話です。

我々はパラダイムの中でしか物事を考えられないので、ハックスリーの描いた世界をグロテスクに感じてしまうし、また、保育施設の拡充による子育てのマネタイズにもやはり心理的抵抗を感じる人は多いでしょう。

ですが、あらゆる保守的思想というのは常に敗れ去ってきました。
共産主義は急進的すぎて敗れ去りましたが。
時代が常に流れていく以上、その時代にあった思想が現実を支配する。
時代にそぐわない思想しか持つことが出来ない社会は停滞、後退を余儀なくされる。
反動や混乱があるにせよ、大枠としてはそういうものです。
今さら江戸時代に戻るわけにはいかない。
技術革新が不可逆なものである以上、社会や思想も技術革新に合わせて変化していかなければならない。
幸福のモデルだって時代ごとに変わってくる。

精神障害というのは、実は相対的なものである場合もあるんじゃないかと思うわけですよ。
視覚障害や歩行障害などの身体障害とは少し事情が違う。
社会の側が精神の変調や精神の形成過程に由来する社会的不適合を受け入れるだけの余裕があれば、あるいは現在の社会で障害とみなされているものが正常である、という社会になってしまえば、問題とされるものではない。
今現在、母親の不在によるパーソナリティ障害を問題視する傾向があろうと、そうした障害が社会の中で一定の割合を占めてしまえば、社会の側がそれに適応するだろう、という話です。
あるいは人間の質が変わるが故に、社会も変わる、とも。
パーソナリティ障害がスタンダードな社会。

ただ、技術革新、社会の変化に合わせて思想や社会システムを更新していく中で、どうやって人間性を担保していくのか、あるいはどこまで人間性を捨て去るのか、というのは重要なテーマです。
また、そうした人間性なるものの変質をどうやって社会の中で位置づけていくか。

でも、そこら辺はミクロな、というよりは最終的にはテクニカルな問題になってくるのかなあ。

関連記事:女の限界と技術革新と社会の変化と思想の役割
関連記事:人口子宮が発明されないと男女平等なんて無理


すばらしい新世界 (中公文庫)
池澤 夏樹
中央公論新社
売り上げランキング: 168,556
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2014/04/26 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。