2ちゃんねる分裂騒動とあるブログ運営者について : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2ちゃんねる分裂騒動とあるブログ運営者について

[ 2014/05/03 ]
2ちゃんねる分裂騒動の焦点は結局のところ、

・西村ひろゆき氏側によるクロール、レスロンダを始めとする2ちゃんねるへのサイバー攻撃の成否

・2ちゃんねるが西村氏の手に戻るということがありえるのか

・西村氏が2ちゃんねる管理人であることによって保持してきた存在感、社会的地位、収入等を維持し続けることができるのか

・西村氏の反社会性が疑われる行為をどこまで世間に認知させられるか

・新管理人のJim氏は2ちゃんねるを維持することができるのか


というところにあると思うのですが、騒動の震源地となっている嫌儲、VIP、なんJでは次々と西村氏と彼の関連人物達の周辺情報に関して様々な興味深い事実が調査、暴露され、戦線が拡大しました。
政党や数々の企業、ニコニコ動画との結びつきがどのような意味を持つのか、ネット世論の操作にどの程度影響があったか、という点も興味がつきません。
日本のインターネット文化史上、特筆すべき祭りであることは間違いないわけで、お祭り好きな人間ならこれに参加しない手はないだろうってな様相を呈しています。

Jim氏の運営体制によって大きく変わったのはやはり転載禁止を打ち出したことです。
これによってアフィリエイトをやっていた2chまとめブログは壊滅的な打撃を受けた。
まとめブログは最大手にもなると一日で数百万PVを稼ぎだし、その広告収入は年間で数千万に届くとも言われますが、人集めのための恣意的なレス編集、タイトル編集、2ちゃんねる内における煽り工作などが問題視されていました。ですが、転載禁止の結果、2ちゃんねる内での工作が無意味になり、一気にニュース速報系板のネトウヨ率が激減。
いかに2ちゃんねる内で右傾化工作が行われていたか、というのが明るみになったと言えます。
もちろん、元からネトウヨしかいないと言われる東アジアニュース+板などではまだ多くのネトウヨが楽しくやっているようだけど、2ちゃんねる全体としては以前よりは殺伐とした空気が軽減されているかな、と。
ネトウヨであるという自意識を持ってしまった人たちが今後どうなるか気になるところです。
現実世界では嫌韓特集やっている雑誌が大っぴらに売られるようになってきた昨今ですが、またネットと現実で世論が齟齬する、という状況になるんでしょうかね。

2ch転載禁止で露呈した人工ネトウヨという構造 楽しくないブログ
2ちゃんねるが左傾化している はてな匿名ダイアリー

つまり、この祭りの帰趨は世論にも無視できない影響が起こる可能性があるということです。
日本の大手報道機関はどこも問題意識が皆無に等しいので、この騒動がどういう意味を持つのかよく理解していないようで、まったく取り上げられていませんがね。



さて、この騒動の最前線は2ちゃんねるのニュース速報(嫌儲)板で、その本部とも言えるスレッドの1レス目にはいくつかのウォッチャーブログがテンプレとして記載されています。
そのうちのひとつ「ブログ運営のためのブログ運営」というサイトはukdataさんという方が運営していますが、彼はかつてzenhiteiというハンドルで「2ちゃんねる研究」という大手サイトを運営していました。
2000~2002年ごろの話です。
2ちゃんねるなどの掲示板サイトの考察評論サイトですが、当時はブログもSNSもない時代で、今のように著名人がネットで発言するという機会も少なく、そうした状況の中では相対的にかなりの影響力があったと思います。正体は巨乳女子大生である、という妄想がまことしやかに信じられていたから、というのも大きいかもしれませんが。
ファンサイトも複数存在したし、2ちゃんねるの他多くの掲示板に専用のウォッチスレがたてられ、有名コテハンが多数書き込んでいました。
最近になって、運営交代の余波でdat落ちした2ちゃんねるの過去ログが誰でも見られるようになり、当時の2ちゃんねる研究スレッドも閲覧可能になっていますが、そのレス番417では西村氏が登場して、2研閉鎖直後のzenhitei氏に対する慰労のコメントを残しています。

2ちゃんねる研究研究 -Phase 5- 2ちゃんねる

今の状況から見るとなんとも感慨深いですね。
また、ちゆ12歳でも少しまとめられています。

「2ちゃんねる研究の管理人=巨乳」説 - ちゆ12歳

このように当時の影響力の大きさみたいなのは少し検索すれば出てくるのですが、他の有名な古参ネットユーザーがあまりその存在の意義みたいなのを語りたがらないのは不思議といえば不思議です。
zenhitei氏が主宰していたCNP(ちゃんねるニュースプロジェクト)、特にそのヘッドラインはまとめアンテナの先駆けともいえるもので、そこには50近いサイトが参加していたのに。
ネットの有名人ってwikipediaにも記載されることが少ないので、それがどういう存在だったのか、というのは時間が経つとわかりづらくなってしまいますね。

2002年にサイトは閉鎖していますが、その原因は一応、こちらでご本人が書かれています。増田でのこの書き込みでzenhitei=ukdataが明かされました。

8年前「2ちゃんねる研究」をやっていたzenhiteiです はてな匿名ダイアリー

ただ、彼の現在のブログの過去ログには他にも閉鎖した原因として、Megabbsでばるぼら氏とその取り巻きにボロクソに悪口言われたのがダメージとして蓄積していったから、というようなことも書かれていました。
現在のzenhitei氏は他人のことをボロクソにけなしたりしているんだけど、ご本人のメンタルはそれほど強くないようです。
グーグルで「ukdata」と検索かけるとサジェストワードが「キチガイ」になっているのですが、そういったメンタル面の弱さをキチガイキャラで防御しているのかな、と。
私も以前、彼からボロクソにけなされ、あらぬ嫌疑をかけられ凹まされたし、某海外の反応系ブログの管理人さんはとある事情からツイッターでボロクソに罵倒された挙句、発狂し、ツイアカ閉鎖、はてブアカウントの非公開化に追い込まれました。
こういう記事を書いていることで私もまた発狂させられるかもしれません。


2ちゃんねる研究時代の絶大な影響力は影を潜め、長いこと零細に甘んじていたzenhitei氏ですが、ありむーいじりの高評価、2ちゃんねるの分裂などで、最近はその実力にふさわしい影響力を取り戻しつつあるようにみえます。が、あのキチガイキャラでやっていくのは、より広範に読者を増やす上では限界があるんじゃないかな、という懸念も。
まあ、個人的には今のままでも全然いいんですが。

彼はかつてzenhiteiでもukdataでもなく、一人のネカマとして活動していた頃に、都知事選に立候補した外山恒一氏への強い共感を表明した名文を書いていますが、たしかに共通する匂いみたいなのは感じますし、私もそれを読んだ時、妙に納得できるものがありました。
両者のラディカルな発言は多くの人間にキチガイ扱いされるに十分な予断と憶測に満ちたものがあるんだけど、その絶望的な現状認識と世間への鬱屈はある種の人間にとってはとても価値の高いものです。

単純に論客としては洞察力(あたっているか否かは別として余人では辿りつけないであろう地平を提示する能力)、文章力、教養の幅広さ、粘着力、更新頻度の高さなど、当代随一の実力をもつブロガーだとは思いますが、ソーシャルスキルが絶望的に低い。これは御本人が意図的にそうしている部分もあると思いますが。
2ちゃんねる研究と同時期にネットで論客めいたことをやっていた人の中にはその後、言論人として名を成した人が何人もいますし、その多くは2ちゃんねる研究よりもアクセスの少ないサイトでしたが、彼がそうならなかったのはそうしたソーシャルスキルの低さとメンタルの繊細さ故であろうと思われます。
ライターとして何度か紙媒体にも寄稿しているけど、その活動が長続きしなかったのもそこら辺が原因でしょう。

また、上述したように、2ちゃんねる研究時代に主宰していたCNPは、言ってみれば現在の2chまとめブログの前身といってもいいサイトが多数参加していました。
2ちゃんねる研究とCNPを維持できていれば、おそらくその後雲霞の如く湧いて出てきたまとめブログにも影響力を行使できていただろうし、彼自身、巨万の富を得ていたでしょうし、今とは異なるネット空間がありえたかもしれないな、と惜しまれるところです。

zenhitei氏はこれまでも人気のあるなしに関係なくサイトを何度か畳んでいるので、今のブログもいつ畳まれるかわからないですが、願わくば私を含む外野のくだらない論評など歯牙にかけることなく、その活動を長く続けてほしいです。
まあ、有村悠氏には迷惑この上ないことでしょうが。

関連記事:外山恒一再び

2ちゃんねる中毒
2ちゃんねる中毒
posted with amazlet at 14.05.03

白夜書房
売り上げランキング: 968,169

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2014/05/03 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。