かぐや姫『22才の別れ』を聴こう : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

かぐや姫『22才の別れ』を聴こう

[ 2014/05/20 ]
懐メロ特集とかやると必ず上位に食い込んできますね。
この曲はクレジットが微妙で、音源の初出はかぐや姫のアルバム『三階建の詩』('74年)なんだけど、シングルとしては'75年に風というグループで発表して、大ヒットを記録しています。
後に再結成したかぐや姫としてもシングルリリース。



当然、私はリアルタイム世代ではありませんが、高校1年くらいの頃、フォークソングにはまっていた時期があって、よく聴いていました。
周りにそんな奴誰もいなかったんですけどね。何がきっかけだったんかなあ。

かぐや姫というとリアルタイム世代じゃなければ南こうせつのグループ、というイメージだと思うんですが、この曲と『なごり雪』を作曲した伊勢正三も優れたソングライターですね。
この曲は歌詞がそうだから、というのもあるかもしれないけど、なんとも"後ろめたさ"を感じさせるような雰囲気を纏ったピッキングの調べが素晴らしい。
ヒットさせてやろうと狙って作った曲だそうですが、当時はここまで暗い曲でもヒットできていたんですね。
今の時代じゃこんな暗い曲でヒットを狙うってありえないし、そもそもヒットしないし、シングルとしてリリースされるなんて想像できないです。
'93年に森田童子の『ぼくたちの失敗』がドラマの影響でリヴァイバルヒットしたのが最後でしょうか。
70年代みたく、暗い曲ばかり流行る世情は嫌だけど、でも3年に1度くらいはこういうジメジメした曲がヒットしてもいいんじゃないでしょうかね。
中島みゆきももう、暗い曲作ってくれなくなっちゃったしなあ。

あと、エレキバージョンも有名です。
こっちもこっちでいい感じでギターが歪んでて好きです。



かぐや姫ベスト
かぐや姫ベスト
posted with amazlet at 14.05.19
南こうせつとかぐや姫 かぐや姫
NIPPON CROWN CO,.LTD.(CR)(M) (2008-01-16)
売り上げランキング: 31,250

関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2014/05/20 ] 音楽 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。