橋下徹VS中野剛志が実現か? : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

橋下徹VS中野剛志が実現か?

[ 2012/02/21 ]
すでにいろんなところで記事になっているようですが、橋下徹大阪市長がTPP反対派の代表的イデオローグ中野剛志氏との対談を希望しているということです。

hasimoto twitter

実現すれば、維新の会の真の狙いが浮き彫りになるんじゃないかと思います。
TPP参加と、ベーシックインカムや資産課税などの政策をどう折り合いつけているのか、気になるところです。
橋下氏自身はテレビで発言見ている限りでは新自由主義者的な思想の持ち主だと思うんですけど、政策や政治家としての立場はどうなのかな、と。

とはいえ、TPPについては以前、私も睨んだ通り、

hasimoto twitter2


やっぱり外圧を期待しているんですね。
外圧による既得権益の解体を目指しているわけです。
黒船ドクトリン。
国内の既得権益と直接対決しても何も言えないけど、アメリカの役人にはいろいろ注文付けられる、という考えでしょうか。
なんだか情けないですね…。

橋下氏の既得権益を憎む気持ちはかなり筋金入りのようで、それは府知事時代からの行政改革にも見て取れる現象ですが、その為なら手段は厭わない、ということですかね。

維新の会は、国政にも参加すると言いつつ橋下氏自身は当面、国会議員になるつもりはないという発言をしたことがありました。
つまるところは大阪市長という役職につきながら、リモートコントロールで国政を動かすつもりのようですが、どうもそういう手続論的な部分でかなり荒っぽいことをやるのが好きなようです。

私は政治なんて結果がよければ手続き論的な部分にはそれほどこだわらない人間ですけど、それでもそういうことやったらいろいろと軋轢が生じるだろうな、というのは想像に難くないです。
あとあとまで火種になるような前例をつくってそれでいいの?ということですね。
まあ、日本の政治なんてとんでもない「前例」ばかりなんで、今さら新しい「前例」が増えた所でどうということもないのかもしれませんが。

ただ、外圧をきっちりコントロールできるという自信の根拠、あるいはどのような思想のもとに外圧を受け入れるのか、というところはきっちりさせてほしいなあ、と思います。
とはいえ、維新の会が実際問題、どれくらい国政に参画できるかはまだ未知数ですけどね。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/02/21 ] 時事ネタ | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。