維新の会は政策の優先順位を明確にしてくれ : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

維新の会は政策の優先順位を明確にしてくれ

[ 2012/03/06 ]
維新八策で「資産課税強化は厳しい」 松井大阪府知事

政治綱領に資産課税を持ちだしたことで、国家社会主義政党の誕生か?と思ったものですが、あっさりと取り下げましたね。
柔軟というか、信念が薄いというか。
ベーシックインカムの導入なんてのは今のところ絵空事でしかないし、こりゃほとんどみんなの党と同じ政策になっちゃうんじゃないですかね。
前から似ているとは言われていたんですが、資産課税という裏技?を出してきたからちょっと違うかな?と思いきや。
みんなの党も行政機構の改革を第一の理念に掲げた政党だし、「船中八策」と同じように「アジェンダ」なんて妙なキーワードで政治公約を掲げたのも記憶に新しかったりします。
そういや「マニフェスト」もおや?と思ったけど、当時、ロキシー・ミュージックの7枚目のアルバムタイトル「マニフェスト」を連想したのを覚えています。




日本は20年ばかり不況が続いているわけですが、その間、若年層はずっと雇用の調整弁の役割を押し付けられ、好況時に就職にありつけた正社員との格差が凄まじいことになっています。
こうした貧困若年層の就労支援と雇用の流動化、同一労働同一賃金の徹底などを確実にこなしてくれるならば若年層だけが一方的な負担を強いられる、ということもなくなるでしょうが、どんなもんですかね。
多分、日本をよくするには統治機構の改革、労働環境のフラット化、流動化、就労支援の充実は必須だと思うんですけど、彼らはそれと同時に規制を緩和することで競争を促そうとしている。
これは順番を間違えるとえらいことになりますけど、そこら辺は大丈夫なんでしょうか。
小泉政権の「聖域なき構造改革」では競争と規制緩和の部分だけが突出してしまって、社会保障の部分やセーフティネットは置き去りなままでした。
結果、不公正な競争原理が突出した社会になってしまった。
維新の会は徹底した競争原理の導入を謳っているのですが、銀行や大企業への不当な補助金、公的資金の投入などのような施策と縁を切ることができるんでしょうか。
競争社会だの自己責任だのを言い立てるエリート層が責任をとってこなかった社会が日本ですよ。
てか海外だってそうですけどね。
厳密な意味での公正な競争など、共産主義が絵空事であるのと同じくらい、絵空事じゃねーかとも思ったりするわけですが。



とりあえず、維新の会には政治綱領の優先順位を掲げてほしいものです。
かかげた理想のすべてが実現するなど、多分、ほとんどの人が期待していないんじゃないかと思います。
ならば、どれから手をつけていくのかはっきりさせてほしい。
そして、統治機構の再編や同一労働同一賃金、雇用の流動化、就労支援の充実が実現しなければ、いたずらに競争原理を持ち込む愚は避けるべきです。

また、何主義だろうと日本が繁栄する礎を築いてくれるなら別に構わないんですが、詳細が発表された維新の会の「船中八策」には少子化対策が全然盛り込まれていないのが気になります。
少子化に歯止めをかけないことには何やったって無意味だし、今以上に若者が不利になるような社会構造にしていたら、ますます少子化は進んでいく、という負のスパイラルから抜け出ることはできませんよ。
憲法を変えようが、統治機構を変えようが、人口構成が国家を維持できるものでなければ、破綻を免れることはできないでしょう。
既存の教育制度を云々するより前に、その教育を受ける子どもを確保しないとね。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/03/06 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。