寿司ナショナリズム : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

寿司ナショナリズム

[ 2012/03/09 ]
ぼやき更新

世界から見て、日本は相当魅力的な国だと思います。
いろんな文化が世界中に輸出されていて、日本に関心を持ってくれる外国人はとても多い。

でも、食文化を無制限に輸出するなよってたまに思います。
特に寿司。
私は寿司が大好きな人間ですが、外国人、特に中国人なんかに魚を食べる習慣がもっと広がったら、水産資源の奪い合いはさらに加速するでしょう。
マグロの養殖はまだ需要をカバーできるほどの技術を確立していないし、外国人が今以上にマグロやトロを食べるようになったら、日本の寿司屋からマグロが消えてしまうんじゃないかという危機感があります。

外国人に自分たちのことが理解されるのはとてもうれしいことだし、それは誇りでもあるんだけど、理解されたら困るものもあるんじゃないの?という視点は時に置き去りにされているのではないか、と思うわけです。

カレーやラーメン、牛丼なんかはいくらでも輸出していいと思うけど、寿司の旨さだけは独占したかったかも。

「日本のカレーライス」を熱愛する米国人記者

でも、ワサビの刺激に驚く外国人は笑えるけどね。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/03/09 ] 文化 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。