何が問題かを決める権利はマスコミのものだから : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

何が問題かを決める権利はマスコミのものだから

[ 2012/03/19 ]
ワタミで26歳の女性が過労自殺した事件が報じられたのはもう1月近く前の話ですが、その後も続報が続いていますね。

15時間労働で休憩わずか30分! 入社2カ月で過労自殺するワタミ社員のスタンダードな働き方
「頑張らなければいけない」空気に、人が組織で取り囲まれる怖さ-渡辺美樹氏、木村剛氏を観察した私の経験から

また、このような事件をなくすためにはどうすればいいか、という提案を誠実に書いているサイトも
【日本はもっと素敵な国になる!欧米に可能なら日本にも可能のはず~残業ゼロが常識になる社会へ】

いずれもネットメディアの記事なわけですが、大手マスコミからは全然、続報が聞こえてこないですね。
風化させてはいけない事件だと思うんですけど。

この国で何が問題かを決めるのって大手マスコミです。
大手マスコミが動かないとこういう問題を変えようという動きは起こらないですからね。
世の中の仕組みを決めている政治家は爺さん達で、ネットなんか見ていないから何が問題なのか、というのは大手マスコミの報道と、高齢者ばかりの地方の選挙区の選挙民達の陳情を通してしか、認識することはできないです。
webサイトのPV数とか、2ちゃんねるのスレッドの勢いとか、ツイッターのトレンドとか、はてなのホットエントリーのブクマ数とか、少なくともネット民が何に興味を持っているのか、というのは可視化されていて、何を問題視しているのか、というのはわかりやすいほどわかるというにも関わらず、マスコミ、特に編集長とかデスクと呼ばれている人達がそういうものに注意を払っている形跡は全然見られません。
昔ながらの問題意識のセンスでニュースを作っている。
そういうズレが、昨年のアンチ韓流デモで爆発したんじゃないですかね。

何が問題かってのはわりと指摘されないと理解できなかったりします。
病気の自覚症状があるかないかみたいな感じで。
大抵の人間はこれが問題ですよ、と言われるまで気づかないもんですよ。
まあ、東日本大震災みたいな問題が発生したらさすがにこれが問題だ、とわかるけど、事態が複雑化、細分化していくと指摘されなきゃわからなくなっていくし、指摘されてもわからなかったりすることは多々あります。
マスコミはある意味「社会の医者」みたいな役割を担っている部分もあったと思うんだけど(幻想ですけどね)、今は問題を設定、指摘する能力がネットの集合知に追いぬかれてしまったな、という印象があります。
でも、ネット民の多くは何が問題かわかったところでこの高齢化した現実社会を動かす力は小さいですからね。
絶望だけが積もっていく、と。
ネットとマスコミで、問題意識のズレがある程度解消できたらわりとよい世の中になるような気がするんだけど、どうかなあ。
実際に問題設定の権利を握っている人達が世代交代すれば状況が変わる、ということもありえるんでしょうか。
関連記事


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly

全記事一覧    TOPページ

[ 2012/03/19 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
忍者AdMax

トラックバック:
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。