考察 : 異常な日々の異常な雑記 QLOOKアクセス解析 アクセスランキング

ロックとオタクと思想と政経と社会について思いつきを垂れ流すブログ
お気に入りサイトの最新記事

スポンサーサイト

[ --/--/-- ]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自己責任論の有効範囲

[ 2014/06/02 ]
人間の本質というのは突き詰めるとただの鏡なんで、究極的には責任なんかとれるわけがない。
時代、国籍、性別、容姿、身長、体質、才能、家庭環境、教育環境、運不運といった本人の意思ではどうにもならない要素にがんじがらめに縛られた状態から人生をスタートさせなければならないのに、それらをすっ飛ばして「自己責任」とか「自業自得」とかいう言葉で何かを言った気になるのはただの思考停止にすぎない。

ただ、それでも自己責任という言葉に何かしらの説得力みたいなものがあるのは、我々が自由で機会均等で豊かな先進国の人間だから、という「ファンタジー」がある程度は信じられていること、「ある状況」に陥っている人を救うのに最も有効な手立てはその人自身の自助努力である、というケースが多いからだろう。

Aさんがひどい状況に陥っていても、Aさん自身にまず助かりたいという意思がなければAさんを助けることは困難だ。
Aさんにとって最大の味方はAさん自身である場合がほとんどであろうし、Aさんにもっとも影響力を行使できるのもAさん自身である場合がほとんどであろう。
Aさんの足を持ち上げようと思ったら、Aさん以上にAさんの足を持ち上げるのが簡単な人はいない、という意味で(もちろん一般論として)。
だからAさんをどうにかしようと思ったのなら、Aさんだけに責任があるわけではないけれども、Aさんに対してAさん自身が強制力を行使できれば非常に有効な突破口となりうるから、我々はAさんに「しっかりしろ」「がんばれ」などと激励の言葉をかけ、あるいは責任を追求しようとする。
ある人を真人間にするのにもっとも効率的なのはその人自身が真人間になろうと努力すること。
もちろん、「人間の幅」というのはかなり広いもので、ちょっとしたきっかけで立ち直れる人もいれば、周囲の厚い支援がなければ立ち直れない人もいる。
どうすれば立ち直れるかその方法が見つからない人だっているだろう。
ただ、いずれにせよその核にある「その人自身」の意志を動かさなければ、その人を苦境から救うことは難しいわけだ。(難しい、というだけで必ずしも不可能ではない、というところが浮世のさらに難しいところ)


ネット時代になって、我々は世界に対して自分の見解を簡単に表明することができるようになった。
自分のブログで、2ちゃんねるで、SNSで、ニコニコ動画で、はてなブックマークで、多くのサイトのコメント欄で。
そしてそれらの他人のコメントに我々は少なからず影響を受け、時として自身を同期しようとしてしまう。
空気を読まずにいられないし、その空気の中でうまいことを言おうとか考える。

そういうコメントというのは多くの場合、トピックに対する感想である。
たとえば、就職できなくて貧困に喘いでいる人たちがいるとか、海や山で誰かが遭難したとか、合コンで酒飲まされてレイプされたとかいうトピックが立てられた時に寄せられるコメントで、自己責任系のものというのは、あまり意味が無い。
そのコメントに共感が集まり、価値観として普及したとして、それでいったい世の中が少しでもよくなる、ということがあるだろうか。
自己責任能力に優れた人々だけの世の中になる、などということがあるだろうか。
まずありえない。
そうやって「人間の幅」を狭くするようなコメントが蔓延し、そこに共感が集まったところで豊かな世の中になる、などということは考えられない。

事件に対するコメントなど、所詮は多くの人にとって娯楽である。
娯楽だからその程度のコメントになるのも、その程度のコメントでコミュニケーションをとれたつもりになるのもわかる。
あるいは、自分の身の回りで困った人がいたら、まずその人自身の「自己責任」を追求しようというのもわかる。
だが、世論として自己責任を問う声が大きくなったところで、一時的な優越感に浸ることが出来たとしても、それで世の中がよくなる、などということはありえないし、苦境に陥っている人間をクズ扱いしたところで、クズがいなくなるということもありえない。

だから、そのクズがどうすればクズにならずに済むか、という社会の仕組みやその現象の背景を考察するコメントや意見が多くなればいいのに、と思うのだが、それはおそらく不可能だろう。
でも、「自己責任」とか「自業自得」という言葉はコメントとしてはレベルが低くて何の解決にも繋がらないし、それが何の留保もなく無邪気に共有され、価値観化してもろくな世の中にはならないし、それはただの精神論に過ぎないよ、ということはもっと多くの人に認識されてほしいな、と思う。

もっと端的に言えば、自己責任論は現在の社会状況的に、ミクロのレベルではそれなりに有効でも、マクロのレベルでは社会を疲弊させていく一因にしかならない、という話。

関連記事:人間の正体は鏡


貧困についてとことん考えてみた
NHK出版 (2013-01-28)
売り上げランキング: 43,674



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/06/02 ] 考察 | TB(0) | CM(-)

氷河期世代=ロスジェネ考察

[ 2014/05/31 ]
hi.rou.keyさんという方から氷河期世代についてブログで考察してくれというメールを頂きました。
あまりそういう要望をメールで頂いたことがなくてちょっと新鮮だったので、なんか書いてみましょう。
自分の中では特に中核的なテーマになっていないのでたいしたことは書けないかもしれませんが。

私も氷河期世代、ロスジェネの一人ですが、特にこのブログで世代論みたいなのって語ったことないですね。団塊世代の腐乱死体が蔓延するから安楽死を早く法制度化、くらいでしょうか。
世代論ってどうしても価値観抜きで語ることが難しいし、世代によってくくることにどのくらい意味があるのか、というのもわりと慎重にならざるを得ないところがあると思うんですよね。

>労働力が不足してるなら、なぜ氷河期世代を就労できるような方向性をもった政策議論が起こらないのでしょうか。

世の中で何が問題か、という優先順位でそれが上位に入ると思われていないんでしょう。
別に氷河期世代の問題に限った話じゃないと思います。
他にも日本には解決しなければならない問題は山積していますが、わりとほっとかれていますよね。氷河期世代も同じようにほっとかれているだけだと思います。
また、就労できない人も氷河期世代に限った話じゃないですし、その上の世代だってキャリア形成に失敗してえらいことになっている人はいくらでもいます。
インターネットで発言している世代のボリュームゾーンで、氷河期世代ってかなりの割合を占めていると思われます。
ちょうど我々が大学生~中学生くらいの頃にインターネットって普及したからインターネットのアーリーアダプターが多く、発言力の強い人も多いと思うのです。また、そこより若い世代の人たちはわりとSNSやニコニコ動画なんかが主戦場だから社会的主張としては目立ちにくいのかな、と。
だからネットやっていると相対的に氷河期世代の悲惨さみたいなのが目につく機会が多いのだと思います。
まあ、大変は大変でよく話題にもなるけど、氷河期世代だけをピンポイントで救ってもねえ、というところでしょうか。

>彼らは団塊世代の親と同居するなどして現在は耐えていると思うのですが、数年すると立ち行かなくなると思うのです。

このまま進めば今より更に社会不安の一因となっていってしまうと思います(いわゆる"無敵の人"化、生活保護の受給など)。

人不足の今こそ労働市場で受け止めるべきだと思うのですが、もはや日本の中で彼等はいないものとしてみなされているのでしょうか。


問題としてそれほど上位に入るものとしては認識されていない、というだけで、別にいないものとしてみなされているわけではないと思います。
労働時間規制、同一労働同一賃金、雇用の流動化、そしてセーフティーネットの充実が図られれば、結果的に氷河期世代で職にあぶれた人を救うこともできるようになるでしょうし、逆に言えば、それらをしなければ氷河期世代だけじゃなくて、それ以外の世代の人でもキャリア形成に失敗した人が救われることは難しいでしょう。


>就労経験が少ないにしても、同じ日本人で、同じ文化圏にいるわけですから使用者も楽だと思うのです。

この議論、措置を放置して移民政策に話が進む理由がわからないです。(勉強不足で私が知らないだけだと、むしろ嬉しいくらいです。)


就労経験の有無を問われるような職場はそれほど人手不足になっていないと思います。
移民を受け入れる現場って低賃金重労働が多いですからね。介護や農業や工場、建設など。そういうところで働いても日本社会で浮上できる目って限られている。
家庭を築くことが出来ないほどの低賃金はわりと当たり前です。
移民推進論者の人々というのは贅沢を知らない途上国の人々を安く使うことで産業構造を守ろうとしているだけなんで、人件費ベースで考えるとそういうことになるんだと思います。
人が集まらないならまず賃金をあげればいいんだけど、それができないのに、国がその企業を守ろうとするから移民どうこうという話になっているんじゃないでしょうか。
潰れても需要があれば、いくらでもその産業は復活できるんですがね。
経済政策を考えるときに、需要をベースにした考え方ではなく供給ベースにして考える人が多いからこういうことになっているんだと思います。
別の言い方をすれば、労働者=人間本位にして考えるんじゃなくて企業本位の考え方が多いから、ということになるでしょうか。

氷河期世代大変だね、という話はたしかにそうなんだけど、だからといって彼らに特化した政策が採用されるかというと疑問です。
その固有の大変さみたいなのは「氷河期世代」という言葉に帰属意識を抱いている人たちの間でネタとして、あるいは「文学」として消費され、共感や癒やしをもたらすかもしれませんが、我々が失ってしまった時間はもうどうあがいても戻ってきはしないので、そこだけをターゲットにして政策論を語ることにはあまり意味は見いだせません。
あるとしたら年金とか不妊治療の優遇とか、かなあ。


関連記事:長時間労働が日本の諸悪の元凶だ

ロスジェネ心理学―生きづらいこの時代をひも解く
熊代 亨
花伝社
売り上げランキング: 241,688



↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/05/31 ] 考察 | TB(0) | CM(-)

少子化が続く限り、労働力が不足することはありえない

[ 2014/05/29 ]
50年で1000万人の移民とかぶちあげた方がいるようですが。

「日本は1000万人の移民を50年かけて受け入れるべきだ」 坂中英徳・移民政策研究所長が訴える"移民開国論" BLOGOS

この問題も何度も書いているけど、いくらでも移民論者は出てきますね。モグラ叩きのようだ。
こういう学問としてマクロ経済、マクロ社会学を修めたつもりで、実は実態としての社会や経済の最小単位である人間の人生を何も理解していない人が枢要な地位に就いている事態が日本をオワコン化していく元凶ですよ。
洞察力が皆無に等しい。
なんでこういう人が発言力持っているんでしょうかね。

移民受け入れの目的は労働力の補充、人口の維持というところでしょうが…。

今の社会状況で労働力が足りないと言っているのは安い労働力でこき使える奴隷が足りない、と言っているのと変わらないです。
少子化が続く限り、労働力が不足するということはありえません。
だって日本って労働者ばかりですよ。総人口に占める労働者の割合はかなり高いです。
少子化しているから子供がまず少ない。女性や高齢者をもっと労動に駆り立てようとしている。さらに労働時間そのものが長い。

高度経済成長期までの日本は家長が一人働いていればそれで家計を支えることができたんです。それで国力は増大し続けていたし、だからといって労働力が足りないから移民でなどという話もなかった。逆に移民を輸出していたくらいですから。
人口が減ることと労働力が不足することはイコールじゃないです。
人口が減っても適正な労働の需給バランスが保たれていれば社会を安定させることはできる。
現状でさえ多すぎるくらいです。家族を養える給料を全労働者が得ているわけではないくらい、労働力の価値が低いのだから。

移民を受け入れた場合、彼らは日本人と同等かそれ以下の賃金や待遇で働くことになるでしょう。
そうであれば彼らも今の日本人と同様、家庭を築くのはハードルが高くなります。
そんな条件であれば、日本よりもマシな移民受け入れ国は欧米にいくらでもあるでしょう。
日本の最低時給は欧米先進国のどこよりも低く抑えられていますからね。
人口の再生産が不可能=多くの人間が家庭を築くことができないほどに労働力の価値が低下している状況でなぜ労働力が不足している、と思えるのか。

移民を受け入れたら労働力の価値はさらに低下します。
価値が低下すればさらに賃金は低く抑えられてしまう。
これは我々国民が困るのと同様に、国家も困ることになります。
労働力の価値がそれだけ下がってしまえば、所得税を払える人もどんどん減っていきます。
その一方で、労働力を安く買い叩いて海外で収益を出すことのできる企業(主に輸出関連企業)には富が集中していく。
ですが、日本の法人税率は世界でも最高水準との言説が広く信じられていて、(実際には様々な控除があるのでそれほど高くない)引き下げ議論のほうが先行しているくらいです。
法人税率はこれ以上あげられない。所得税収はどんどん下がる。消費税だけが爆上げしていくことになる。
結果、ますます生活が厳しくなっていく。ますます少子化が進んでいく。ますます需要が減少していく。まさに負のスパイラルです。
そして日本の財政破綻がやってきます。
アメリカはドルが基軸通貨だから、いくらでもドルを刷ることができた。
でも日本はどうでしょうね。日本も自国通貨建てだからいくらでも刷ることができるけどそしたらどんどん円の価値が下がり続けます。輸入品の値段が爆上げします。
特に燃料費はどんどん高くなる。ますます生活は厳しくなっていくけど、輸出産業だけは何とかなるかもしれない。それでも国内市場は衰退するし、国内市場を相手にしている産業も衰退します。

こんな状況で移民を受け入れたとしたって、移民だって幸せになることはできないでしょうし、まず移民も来たがりません。

人手が足りないなら待遇改善すればいいのです。
それができないならその企業は倒産すればいいのです。
それでも尚その産業に需要があるならば、対価が釣り上がってもその産業自体が崩壊するなどということはありません。
国内の需要を無視して、既得権益者とGDPのわずか15%程度しか生み出していない輸出産業の構造を守ろうとするから移民などという発想が出てくる。
今の産業構造を守っている限り、どれだけ移民を受け入れても財政も景気も好転しませんよ。
役人の天下り先や政治資金の調達先の確保という意味合いでは彼らに旨味があるのかもしれませんが、国家には何のプラスもない。

人口規模やインフラ、産業構造を維持することなど、貧困の拡大に比べたら些細な問題です。

労働力は余っている。移民はいらない。
貧困が拡大するくらいなら人口規模を維持する必要もない。


ネット上の反応を見ている限りでは右も左も反対意見ばかりなのですが、それでも現政権は強行しそうな様子が漂っていますね。
もっといろんな人があらゆる手段で訴え、反対すべきだと思います。

関連記事:移民論者は何を考えて移民を主張するのか?


そして、日本の富は略奪される--アメリカが仕掛けた新自由主義の正体
菊池 英博
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 115,446





↓よければアクセス&モチベーションアップ&話題の拡散に繋がるクリックを↓
ブログランキング・にほんブログ村へ このエントリーをはてなブックマークに追加follow us in feedly


[ 2014/05/29 ] 考察 | TB(0) | CM(-)
告知

他アカウント等
・昔書いた小説
・Twitterアカウント
・はてなブックマーク

相互RSS募集中
何かあればこちらまで sencha.freak69■gmail.com
煎茶

ブログのコメント欄は閉鎖しました。コメントははてなブックマークかツイッター、もしくはメールで直接管理人までお願いします。

忍者AdMax


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。